空いた時間で高額収入!4つのキーワードで紹介するライブチャットについて!!

本職の他に副業で収入を得るという方法が主流になってきたのは割と最近の事です。それまでは、本業一本で仕事をしている人が多かったのですが、近年のコンプライアンスの見直しや、会社の就業規則の変化により、残業が少なくなったり、不景気の影響でボーナスや給料が下がったという企業も数多くあります。そんな中で少しでも生活の足しにと副業を行う人が増えてきました。ただ、当然のことながら人によっては作業時間が確保しにくい事もあるため短時間で出来る高額収入副業のニーズも高まってきました。

1.高収入を得るにはインターネットによる副業が断然可能性が高い

副業にはあらゆる種類がありますが、スーパーやコンビニの店員等、時給が決まっていてその中でアルバイトをして副業していては、いつまでたっても収入のアップは望めません。

高額の収入を得るには、それなりに収入が右肩上がりで変動するような副業形態でなければならないのです。その可能性がある副業はインターネットを利用した副業でしょう。特に、一定の顧客を取れると収入アップにつながるようなものは可能性を秘めているものが殆ど。具体的に言えば、例えば「ライブチャット」というものがあります。

ここではライブチャットの副業をお話ししましょう。

2.ライブチャットとは

ライブチャットとは、ウェブカメラでお互いの顔をパソコン画面で写し合い、顔を見ながらお話をする仕事です。

それが仕事なのかと思うのでしょうが、世の中にはそういうお話をするためのサイトがあり、主に男性がサイト上でお金を支払い、ポイントを購入し、ポイントを消費しながらサイト上に登録している女性とお話することができるものがあります。DMMライブチャットやライブチャットジュエルといったサイトがあります。登録した女性は男性が通話して来てくれるのを待ち、通話が始まると通話時間に合わせて報酬が支払われることになります。

どのサイトでも共通して、報酬は通話時間1分当たり100円くらいが相場で支払われます。つまり、通話時間が長ければ長いほど、報酬が増えることになるわけです。

逆に言えば、男性から通話してきてくれない日は、報酬は0円ということになるわけですから、チャットレディを始めたばかりの時は、そんな簡単に男性から通話をしてきてくれないでしょうから、収入を見込めないのも事実です。

3.ライブチャットが高額収入となるまでの道のり

ライブチャットは先述のとおり、男性が通話してこない限りお金になりません。

しかし、逆に通話して来てくれるようにさえなれば、通話時間が自ずと増え、報酬アップにつながります。報酬をいきなり多く望むことはできないにしても、基盤をしっかり築き上げていけば、必ず男性からアクセスしてくれるようになります。ライブチャットの待ち受け画面を少し男性から注目されるような画像に定期的に切り替えたり、少しでも自分の顔がきれいに映るような工夫をするのも重要です。ライブチャットはどうしてもアダルト系の路線が強いものです。

顔を見ながらの通話になりますから、どうしてもそのような話題になってしまうでしょうし、男性側も元々それがメインで女性と通話してきます。見ず知らずの人の前で自分の身体をさらけ出すことに抵抗がある人には向いている仕事ではないでしょうけれど、逆に言えばパソコンの画面上でのやり取りであって、それ以上は何もないのですから、実際に会って性的サービスをしなければならないような風俗の仕事よりは安全面では高いように感じます。

アダルト路線さえ克服できれば、男性は自ずとついてくるものです。
リピーターが自分についてくれれば、通話時間はぐっと増え、結果的に収入増加を期待できます。

4.収入を得るために割り切ること

人前で体を見せることに抵抗があるのは、どんな女性も必ずあります。

しかし収入を得るということと、身体をさらけ出すことを天秤にかけた時、どちらが重要かは人それぞれの考え方であり、ライブチャットを続けていけるような人は、その天秤で収入の方に傾いたのでしょう。

高額収入が見込めるインターネットを利用した副業には割り切らないといけない事や、長く根気がいるものが多いです。
稼ぐことは決して楽なことではありません。色んな工夫と努力を経て、初めて高額な収入を手にすることができることを肝に銘じる必要があります。

まとめ

実際にこの副業で稼いでいる人はいます。しかし、全ての人が出来る訳ではありません、自分の働き方、稼ぎ方を自ら選びそこで収入を得るのが副業の基本です。もちろん上記で紹介した方法以外にも様々な副業があります。あなたに合ったベストな働き方を吟味し、無理なく楽しんで行えるのも副業の魅力の一つです。ぜひ、そこも考えた上でおこなってみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ